スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ白髪になるのか 

訪問有難うございます

白髪になぜなるかを考えてみたいと思います。

髪が生まれたてのときは白い色(透明)をしていることはご存知ですか
その後メラノサイトという色素細胞の影響でアジアの人なら黒髪、欧米
の人はブロンドのように色素が髪に入るそうです。でも体の何らかの変
化で黒かった髪が白髪になってゆきます。

白髪ってなぜなるかはいろいろ原因は推定されていますが実はよくわ
かっていないのが実情のようです、主な原因とされているものには以下
のような要因が考えられます

遺伝による白髪
遺伝が要因で白髪の発生することがあります。しかし詳しい仕組みは
わかっていないようです。

加齢による白髪
髪に色を付けるメラニン色素をを生産する上でチロシナーゼという酵素が
必要なのですが、40歳ころからこのシロチナーゼの働きが鈍り白髪にな
ってゆく髪が増えます。

ストレスによる白髪
ストレスを感じると体の毛細血管が収縮しますね、そうすると髪の場合は
頭皮の奥の発毛組織に充分な栄養が届かなくなり、白髪が増えると同時
に抜け毛も増えると考えられます。

病気や薬の副作用で白髪になることもあるようです、胃腸の疾患や甲状腺
疾患などで多く見られるようです、また抗がん剤の副作用で脱毛が多くお
こるのもよくご存知ですね。
◇-------------------------------------◇
応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ

TOPページへ育毛にとって大事なのは頭皮の状態のよしあしです


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cotton53.blog50.fc2.com/tb.php/39-4beb227f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。