スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙も抜け毛の原因となります。 

喫煙も抜け毛の原因となります。

訪問してくださってありがとうございます
喫煙と抜け毛の関係について書いてみます

まずタバコを吸うと口の粘膜や肺がニコチンを吸収しますね、体内に吸収されたニコチンは自律神経に働きかけ、血管を激しく収縮させます。このため、血圧は上昇、脳機能は覚醒し、ある種の興奮状態になるのです。

血管が収縮すると血の流れが悪くなり、当然髪の根元の毛根も血流不足となります、それとタバコが燃えると一酸化炭素を発生するのですがこれが血液成分のヘモグロビンととても結合しやすくて、酸素の運搬が阻害されやはり毛根周辺も酸素不足となるようです。

頭皮の血流が良好である事が大切なのは、毛髪が血液から、その栄養素を吸収しているからに他なりません。血行が滞れば、栄養不良を起した毛髪は細くなり、毛乳頭も発毛する力が不足してしまうのです。

抜け毛を改善するために、薬や育毛剤を使い努力していても、喫煙することで、血行障害などを生じさせる状態を作ってしまっては、あまり意味がありませんね。

抜け毛が最近多くなったとお思いの方はタバコの量を減らすか、一時禁煙をお考えになってみてはいかがでしょうか。(苦しい選択ですね、私も2年前にタバコをやめました)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cotton53.blog50.fc2.com/tb.php/27-e0e61ccf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。